オンライン相談会受付中
移住の先輩インタビュー!

移住の先輩インタビュー!

#

利尻富士町での移住生活

全国いろいろなところから、島に住み着いた人たち。
漁師になったり、島で商いを始めたり地域おこし協力隊として活動したり…職業も様々です。
共通点は、「島が好き!」ということです。

森みなみさん

森みなみさん

東京出身で、大学まで東京で生活していた森さん。現在は、利尻富士町役場 産業振興課 商工観光係職員として働いています。旅行が好き、観光が好き、地方が大好きという都会っ子の彼女が、大学卒業後に利尻島定住を決めた理由はどこにあったのか、インタビューしました。

体験談を読む

陳佩欣さん

陳佩欣さん

ワーキングホリデーを利用して台湾の高雄から日本に来たという陳さんは、現在は就労ビザを利用し、利尻富士町の地域おこし協力隊として精力的に活動されています。 北海道が好きで、以前から利尻にもホテルのリゾートバイトで訪れていたそうです。 台湾から単身、島という辺境の地に移住することに不安はなかったのか、気になるところをインタビューしました。

体験談を読む

澤田知仁さん

澤田知仁さん

2019年3月まで地域おこし協力隊として活動されており、現在はキャンプ場「ゆ~に」の管理と、キャンプ場でキッチンカーを営んでいらっしゃいます。空港で働いたり、日本中を巡ったり、ワーキングホリデーを利用しながら海外を4年かけて旅したりと、根っからの旅好き! そんな澤田さんが、定住の土地に選んだのが利尻富士町でした。「地域おこし協力隊」を卒業後の起業についてもお話を伺いました。

体験談を読む

鬼脇地区で活躍する漁師さんたち(左から)齋藤さん・池亀さん・塚本さん

鬼脇地区で活躍する漁師さんたち(左から)齋藤さん・池亀さん・塚本さん

「強い男」というイメージのある漁師さん。島外から利尻に移住し、漁師として活躍している方たちが多くいます。今回インタビューした漁師さんたちは、皆30代の若手の方々です。 近年、平均年齢が上がってきている漁師の世界に、若い風を与えている彼ら。島での暮らしや漁師の仕事について、お話を聞いてみました。

体験談を読む