オンライン相談会受付中
移住の先輩インタビュー!

移住の先輩インタビュー!

#

移住して漁師に!自由だし、頑張った分だけ稼げるのが魅力。
「海の上は最高です。海の上に敵うものなんてないですよ。」

鬼脇地区で活躍する漁師さんたち(左から)齋藤さん・池亀さん・塚本さん

鬼脇地区で活躍する漁師さんたち(左から)齋藤さん・池亀さん・塚本さん

「強い男」というイメージのある漁師さん。島外から利尻に移住し、漁師として活躍している方たちが多くいます。今回インタビューした漁師さんたちは、皆30代の若手の方々。
近年、平均年齢が上がってきている漁師の世界に、若い風を与えているみなさん。島での暮らしや漁師の仕事について、お話を聞いてみました。

利尻島の「漁師研修制度」を利用して漁師になった

齋藤さん)もともと北海道出身なので利尻については知っていたのですが、来たことはありませんでした。まず「漁師になりたい」という気持ちが先にあったので、漁師の研修生制度を利用するときに利尻を選んだんです。

池亀さん)僕はもともと島と小樽のハーフで(笑)、ずっと小樽に住んでいました。将来を考えるうちに、漁師をしたくて利尻島に移住してきたんです。

塚本さん)僕も漁師になりたくて来ました。そのとき既に家族がいたのですが、「先のことはわからない」と思い、まずは1人で来ました。

Q2.移住にあたって不安だったことは?

寒さが不安でした。東京では体験したこともない痛みを感じる寒さで、雪かきも島に来て初めて経験しました。それでも、東京にはない新鮮な環境で、楽しんでいます。それと、「みんなが知り合い」という人間関係も初めは慣れず、受け入れてもらえるかなという不安はありました。

3人とも異業種から漁師に転職!

齋藤さん)運送業をしていました。
池亀さん)僕は水産加工会社で働いていました。
塚本さん)僕は鉄工所にいました。

頑張った分だけ稼げる漁師生活に満足しています

塚本さん)生活のリズムがまるで変わりましたね。漁師の朝は早いですが、仕事が終わればこうして仲間と飲むことができるし、自由です。自由がとても心地よいですね。

齋藤さん)それはあるね。仕事の時間がイコール拘束時間。自分が頑張った分だけ身になるし、稼げるのは魅力です。

漁師は懐にとびこんで「浜言葉」もマスター!

塚本さん)漁師は独特な人も多いので、特に島外から来た漁師にとって、初めは人付き合いが難しいかもしれないです。

池亀さん)最初は「浜言葉」が聞き取れなくて困りました。今でも早口で話されるとなかなか分からないです。

塚本さん)島での人付き合いでいうと、いろいろなところで見られているなぁと感じることが多いです。それは良い面でも悪い面でも。それでも出歩いて、人の話を聞いて、人に絡まっていくというのが大事だと思います。

利尻島のイチオシはやっぱり「海の上」!

齋藤さん)もちろん海の上です。

一同 (笑)

塚本さん)やっぱり海の上は最高ですよ。イライラしてても、沖に出ればすっきりします。

齋藤さん)海の上に敵うものはないですね。

利尻島にあったらいいなと思うものは…

塚本さん)う~ん、特にない…。満足しています。

齋藤さん)島にそこまで求めないからかも。初めはあったのかもしれないけど、そこに順応するというか、慣れちゃいましたね。稚内や札幌にもすぐ行けるし、用事はそこで事足ります。

塚本さん)あ、けど、子どもがいる身としては、室内で遊べるような施設があると嬉しいですかね。自然はあるけれど、集まって遊べる場所というのが少ないんです。

利尻富士町でずっと商売を続けたい

齋藤さん)意気込みかぁ、僕は将来的には商売をやっていきたいなと思っています。具体的には決まっていないんですけど、自分で何かをしていきたいなという気持ちですね。

塚本さん)僕は養殖昆布をしたいなと思います。計画的に仕事ができるというのも魅力ですし。

池亀さん)僕はこればかりはどうもわからないというのが現状かも。今は夏のウニむきも親戚や家族に手伝ってもらっている状況なので、出面(でめん・アルバイトのこと)もどうなるかまだ未定ですね。

漁師志望の方、お待ちしています!

齋藤さん)漁師を目指す人なら体力とやる気!漁師の仕事は頑張り次第なので。あとは心が折れないようにすること!

塚本さん)そうですね。信頼できる仲間と頼れる先輩は作っておいた方が良い。仲間がいないとくじけそうになるときもありますしね。飲み仲間は大事ですよ。そういう人が支えてくれるし、助けてくれます。

陳 佩欣さん

陳 佩欣さん

ワーキングホリデーを利用して台湾の高雄から日本に来たという陳さんは、現在は就労ビザを利用し、利尻富士町の地域おこし協力隊として精力的に活動されています。 北海道が好きで、以前から利尻にもホテルのリゾートバイトで訪れていたそうです。 台湾から単身、島という辺境の地に移住することに不安はなかったのか、気になるところをインタビューしました。

体験談を読む

森 みなみさん

森 みなみさん

東京出身で、大学まで東京で生活していた森さん。現在は、利尻富士町役場 産業振興課 商工観光係職員として働いています。旅行が好き、観光が好き、地方が大好きという都会っ子の彼女が、大学卒業後に利尻島定住を決めた理由はどこにあったのか、インタビューしました。

体験談を読む